スポンサードサイト

2008年03月22日

コマツミニユンボ

コマツミニユンボ

新発売の「PC09」は、車幅をより狭めて700mmとしながら、高い安定性・掘削力を確保し、抜群の狭所作業性を実現しています。さらに、整備性、信頼性などの向上を図るとともに、ブレーカ内蔵アームなどのアタッチメント・オプションにより、汎用性も高めており
[主な商品の特徴]
1.抜群の狭所作業性と優れた基本性能

・従来機より車幅を100mm狭くし、宅地内の配管工事などでの狭い進入路でも、一段と容易に入っていくことができます

・足回り部品の下転輪の形式を変更し、狭い車幅でも従来機と同等の高い安定性・掘削力、広い作業範囲を確保しています。

・車体後端をコンパクトに絞り込んだ形状とすることで、ブームスイングをせずに狭い現場でも微角度の旋回操作による排土作業を可能にしています。

・走行2速化により、状況に応じた最適走行を可能にするとともに、けん引力を大幅に向上(従来機比30%)させ、登坂や不整地での移動も容易にしています。
整備性、信頼性の向上


・フルオープンエンジンフードの採用やスチール製外装の採用により、整備性や補修性を一段と向上しています。

・作業機油圧ホースの内蔵化、フェイスシールタイプの油圧ホースコネクタ採用などにより、油圧ラインの信頼性を一段と向上しています。
195万円
コマツバックホー PC01-1/PC10MR-2/PC10UU-5

全旋回で効率アップ全旋回&ブームスイング式で溝掘削もラクラク全幅58cmで、堀と民家の間でも掘削可能埋め戻しや整地作業もできるブレード装備
疲れない搭乗式

掘削・旋回・ブームスイングが簡単 前後進・方向転換も楽に操作が可能な走行モノレバー
軽トラックで運搬可能

軽トラックの積載重量をクリアした、機械質量300kg
点検もカンタン。シートを外して簡単メンテナンス


バッテリ&オイル・チェックが容易な、シート兼用フルオープンボンネット 作業機は手間いらずの無給脂ブッシュ・ダストシールを装備
排ガス自主規制エンジン搭載


車検を取得しない車両系建設機械のエンジン出力帯ごとの排出ガスに関する法規制
8kW未満 : 社団法人 日本陸用内燃機関協会(略称:陸内協)の小形汎用ディーゼルエンジンの排出ガス自主規制
8kW以上130kW未満 : 国土交通省 排出ガス対策型建設機械指定制度
130kW以上560kW未満 : 特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(通称:オフロード法)
レバー操作で簡単に伸縮できるリンク式可変ゲージを標準搭載


せばめて狭いところに入り(850mm)、広げて安定作業(1000mm)ゲージ幅はオペレータ席で伸縮可能
狭所作業性と安定性を両立させたクロスリンク&オフセットブーム(特許)


作業機の動きに合わせてブーム角度が変化する、クロスリンクブーム採用により、高さのない現場でもゆとりの作業が可能

低い重心により作業時の安定性が抜群
オフセット式で、狭い現場での作業効率をアップ


作業中にバケットがキャノピに接近すると作業機が自動的に停止するハイメカ干渉防止システム採用














posted by ユンボ at 20:27| コマツミニユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする